2010年05月26日

「聖家族〜大和路」舞台挨拶ニュース

「聖家族〜大和路」映画・舞台挨拶がニュース配信されています!

Z322001110.jpg
「聖家族〜大和路」1回目の初日舞台挨拶に登壇した出演者と監督
左から秋原正俊(監督)、岩田さゆり、片桐仁(ラーメンズ)

『聖家族〜大和路』初日舞台挨拶 2010/05/22(土) K's CINEMA(新宿)

−ニュース抜粋−

5月22日(土) 映画「聖家族〜大和路」公開初日を迎え、東京・K's CINEMAで行われた舞台挨拶に主演片桐仁(ラーメンズ)、ヒロイン役の岩田さゆり、秋原正俊監督が登壇した。
 同作は、昭和の初期に活躍した小説家 堀辰雄の原作「聖家族」「大和路」を題材とした新感覚のブンガク映画。師匠・九鬼の死に翻弄されながらも、新作の絵を描くため奈良に滞在していた画家・河野(片桐)が、九鬼の未亡人(堀ちえみ)と娘の絹子(岩田)と再会し、師匠の家族”聖家族”に足を踏み入れたことから苦悩する男の姿を描く。カエルカフェのブンガクシリーズ第11弾で、平城遷都1300年記念事業として奈良県、奈良市が協力している。


本作で初主演を務めた片桐は、「今回は、(岩田に)惚れられる不思議な状況」と役柄に少し戸惑いがあった様子。しかし、劇中ではそのような不安を微塵も感じず真面目な役柄を熱演している。テレビドラマなどで何度か共演経験のある岩田について「以前とは全然違う感じでその役になっていて、今では珍しい感じの昭和の女性の雰囲気を出していた」と大絶賛すると、岩田は「以前のコミカルなマネジャー役だったので、今回は全く違う画家役をどんな風にお芝居をされるんだろうと興味がありました。でも、やっぱり面白かった」とお互いの演技を語り、息がピッタリなところを見せた。


その他のニュースは下記をご覧下さい

舞台挨拶の記事をご紹介!

洋食器ショップ【ティーポット】はコチラ

公開予定はコチラ

「聖家族〜大和路」の公式サイトはコチラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151158319
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。